スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加工するときはシラフであるべし

コメントの返信にも書きましたが、昨日4/20はGrの飲み会で酔っぱらってましたw

ヒートホークの加工もしたのですが、いやぁ手元が狂う狂うww

結局さっさと寝ちゃいましたよ。




で今日、再研磨しました。

original line

一昨日の記事では加工内容分かりづらいので、写真を加工してみました。

①キットをプラバンに押し当て、端末ラインを罫書きます。

赤いラインがキットのエッジです。

ここから延長するのに、闇雲にパテを盛り付けると、地獄が待ってますw
まずはプラバンでゲージを作りましょう。

②プラバンを切り出します。

Plaplate shape

青いラインが、切り出したプラバンの形状です。

③キットのエッジをやすって接着面を作り、瞬間接着パテ(モデグラ方式)で固定します。

④それだけではラインがつながらないので、ポリパテでラインをつなげます。
 私はポリパテは好きじゃないのですが、ここでポリを選んだ理由は、
  :結構厚盛りしなければならないため
  :瞬間接着パテだと硬度が高いため、あまり多層に渡って盛り付けると後々のスジボリで困る。
  :エポパテを使うほどの盛り上げではない
 ということです。

⑤ポリパテを盛るにあたり、端末の処理を楽にしましょう。

Gauge making

 パテ加工で意外と難しいのは、端末の直線性を出すことです。
 プラバンで囲みを作ることにより、直線性の確保と、余分なところにパテがつくことを防ぐことで、後の工作が楽になります。写真の緑の線ですね。

⑥ひたすら削りだし





という作業です。

ひとつ、個人的に次回の作業へフィードバックしたいことは、今回0.75mmプラバンを貼り付けたのですが、0.3mmプラバン3枚を貼り付ければよかったなぁと思いました。

理由、分かります?

explain1

上の図が今回の作業内容ですが、ヒートホークのA-A secで見たときの尖り頂点を、きちんと断面中心に据えるのが精度出しづらいです。
削りながら何か改善案なかったかなぁ・・・と考えたのですが。

explain2

これが改善案の断面図です。
0.3mmのプラバンを3枚同じ形状に準備し、うち中心に貼り付けるものには着色をしておきます(面も色ついてればベターだけど、エッジのみでも可)。

これを同じように貼り付け削りだすのですが、色のついたプラバンをめがけて削ればおのずと精度が確保できます。
プラバンを貼るときの芯ズレもあるので、厳密な断面中心には来ませんが、何もやらず闇雲に削るよりは遥かにマシでしょう。

以上。
長くなっちゃいましたが今日の作業内容でした。

これから子供たちとお風呂入りますノシ



(100421 22:00更新)
お風呂の中で考えたのですが、0.3mm x 3枚の上記案ではエッジの強度が出ませんね。

そもそもプラ厚1mmのところに、なぜ1mm以外のプラバンを使っているかというと、1mmプラバンの在庫が切れているからです(爆)
もし1mmプラバンが使えたら・・・と仮定して考えてみると、次の案がいいかもしれません。

Explain3

やっぱり強度のこと考えると、一体物から削りだすのがいいです。
一番の敗因(?)は、1mmプラバンを切らしていたところかもしれませんね。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ヒートホークがかっこよくなってますね。勉強になりました。

エッジの案良いですね。私はメクラでやってしまうことも多いですが、今度3枚重ねでやってみたいと思います。強度はプラ用接着剤を使えばカバーできそうに思います。ふと思いましたが、3枚の接着にはランナーを溶かして色つけた接着剤を使ってもいいかもしれませんね。

No title

どうもありがとうございますー♪

私もノープランで削ることが多いのですが、今回は精度出しにえらく苦労したので、考えてみました。

0.3mmプラバンは粘りが無い印象なので、樹脂製接着剤使っても全面を完全に溶着できる量を付けると表面が歪んでしまうんじゃないかと思いました(風呂のなかでww)

色つき接着剤の件、いいですね!メモメモ♪こういう技術論の交換が出来るだけでも、blog始めてよかったなぁと思いますよ。どもありがとうございますm(_ _)m

No title

連投、すみません。

本ケースだと、0.5mmプラバン2枚を、ディマイオさん案の色つき接着剤で溶着すると、上で議論した不具合が全部解決できますね!

エッジ先端に色つき接着剤がくるように削ればいいので、一番簡単だと思います。

全面溶着しても、0.5mmなら歪みも起きないですし。

No title

0.5mm!!気がつかなかった。それがこの件ではおそらくベストの方法ですね。くそぅ、やられたって感じですね。

こういう技術の話が出来て私も楽しいです。刺激をもらうとモチベも上がっていいですね。
プロフィール

fame

Author:fame
超マイペースでまったりやってます。
投稿頻度に波がありますので、生温かく見守ってくださいw

旧自己紹介はここ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。