スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆襲のしいたけ

まず、昨日のヒートホーク改造の記事ですが、お友達のディマイオさんとのコメント欄での議論で、以下の案が一番いいんじゃないかという結論になりました。

Explain4

色つき接着剤を作る時間、プラセメント完全乾燥までの3日間待ちは難点ですが、一番工作はやりやすいでしょうね。こんな情報交換ができて、blog始めてよかった~~




さて、今日は6H残業したので、帰って作業する気力なし。

代わりと言ってはなんですが、昨日の記事の後にトライしたお話を。

先日処女作となるしいたけを晒してみましたが、全然だめ。もーだめだめ。
放熱フィンをイメージして、バックパックの中から生える構造にしたかったのですが、全然そんな風に見えない。悔しいのでスネ部分で再チャレンジしてみました。

逆襲のしいたけ。
 しいたけver2 その名も「νシイタケ」
siitake ver2-1

siitake ver2-2


どう?ver2はちょっとよくなったのでは?と思うのですが・・・
前回は0.5mmと0.3mmの組み合わせで作ったのですが、あまりメリハリつかず、普通のプラバン箱組みみたいになってましたから、今回は少しは見栄えがいいのではないでしょうか?
といってもまだ研究段階。ver1は確実にボツなのですが、このver2もボツにするかもしれませんがね。




そもそも06R2をどのように作るかですが、ちょっと悩んでます。

:マッシブ

:されど高機動

:高機動⇒バーニア・プロペラント増設⇒熱問題
  なので各部に放熱フィンを設置
(これをしいたけで表現したい)

:エリオット・レムも綺麗に取り繕う余裕はなかったと思うので、試作品感を出す。

:設定画のイメージを残す

こんなコンセプトで行きます。

ちなみにザク物作るときに設定を参考にしたいときは、この本を使ってます。
あんまりAmazon評価よくないけど、私みたいなザク大好き人間は持ってて損はないと思うけどなぁ。

機動戦士ガンダムMS-06アーカイブス機動戦士ガンダムMS-06アーカイブス
(2009/11/02)
メガロマニア

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

お友達

いい響きです♪ありがとうございます。

しいたけですが、デザインいいですね。私はいつもデザインに悩まされて結局なんの変哲もない形になってしまいます。

私がしいたけ作るときに気をつけているのは隙間を”魅せる”ことですね。隙間を大きく取るとデフォルメな感じになってしまいますが、隙間が小さいとカタマリになってしまってしいたけの良さがなくなってしまうと思いました。

No title

私もver2を作って、隙間から奥のメカディテールがチラッと見えたほうが奥行きが出るなと思い、ver3では隙間が空いてる構造にしようと検討してるところです。それにしてもこのディテールは自分だけだと絶対思い浮かばなかったですねぇ。世の中には凄い人もいるもんです。
プロフィール

fame

Author:fame
超マイペースでまったりやってます。
投稿頻度に波がありますので、生温かく見守ってくださいw

旧自己紹介はここ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。